貨幣制度の下では、お金は切っても切れない話になります。同期のメンバーと旅行に行く話が盛り上がりました。そこで、私が旅行のプランを作成することになったのです。メンバーに簡単なアンケートをとってから最大公約数の旅行プランを作成・予約をしました。

 次のステップが、旅行費用の支払いが必要になります。参加するメンバーから旅行費用を支払ってもらいたものを旅行費用として支払えばよいことになります。しかしながら、メンバーの一人だけが、支払いを少し待って欲しいということになりました。折角、盛り上がっている旅行プランを壊してしまうのもよくないと思って、今回は一人分のみを私が立替払いをすることにしました。銀行カードローンの審査は厳しい? 銀行カードローン 審査


 楽しい旅行も終わって、メンバーとお土産話で盛り上がりました。余り催促するのも悪いと思って、立替払いをしていた案件に関しては、暫く待つことにしました。ところがです、その旅行費用を支払っていないメンバーが、突然、退社していることがわかりました。加えて、音信不通となってしまいました。立替払いの不払いよりも、元気でいるのかが心配でなりませんでした。楽しい旅行の思い出に少し暗い影が残ってしまい残念な思いになりました。